2016年12月04日

ギムレットのオリジナル時代小説

おこんばんわでございまする。

少々お時間が空いてしまいました。
冷え込みも厳しくなってまいった折、
皆様いかがお過ごしでございましょうか。
私はと申しますと、いつもと同じく
時代劇を拝見しておりまする。

藤田まこと先生・渡部篤郎殿が主演なさった
「剣客商売」でございまする。
お二方のセリフの切れ味、表情による演技など
見所が満載で、何度でも見直したくなる名作でございまする。
あ、私的には佐々木三冬役もこの時の大路恵美さんが
お話的にも非常に似合っており、お気に入りでござりました。

そんな折、私この度別所にて時代小説を
始めさせていただいておりまする。
お話はもちろんのこと、イラスト・写真も
私ギムレットのオリジナルにて
展開させていただこうとおもっておりまする。
題して「月夜の剣士〜精十郎ヴァンパイア侍〜」と申しまする。

まだまだ、出だしだけでございまするが
じっくりと作り上げてまいる所存でございまする。
ぜひ、一度ご覧頂きたく紹介させていただきまする。

こちらがギムレットの新作時代小説でございまする。
月夜の剣士〜清十郎ヴァンパイア侍〜オリジナル時代小説イラスト
http://samuraido.jp/
posted by ギムレット at 11:28 | オリジナル時代小説

2016年09月19日

丹下左膳 百万両の壺を拝見いたしました。

おこんばんわでございまする。
痛快剣術時代劇が大好きなギムレットでございまする。
そんな私が新たに楽しんでおりまする時代劇は
大河内傳次郎先生による有名な「丹下左膳」。
それも豊川悦司殿主演の「丹下左膳 百万両の壺」でございまする。

命を救ってくれた女性、お藤(和久井映見さん)の営む
矢場(弓矢遊びのできる夜の遊び場)の用心棒として暮らす
主人公の丹下左膳(豊川悦司殿)は、
ひょんな事から孤児の少年を預かることになりまする。
ところが、少年が持っていた“こけ猿の壺”には実は秘密がござりまして、
彼らはやがて大騒動に巻き込まれてまいりまする。

『丹下左膳 百万両の壺』は、1935年の『丹下左膳餘話 百萬両の壷』の
リメイクでござりまして、オリジナルは数ある丹下左膳シリーズの中では
異色作として知られておりまする。

とはいえ、痛快・娯楽時代劇として非常に楽しめる作品となっておりまする。
壺の秘密に絡めて登場なされる司馬道場の主、柳生源三郎(野村宏伸殿)と
その奥方の萩乃(麻生久美子さん)もまじえて軽快にお話が進んでまいりまする。
また、非常に色彩豊かな画面がお楽しみいただける映画でもござりまする。

ぜひとも一度ご覧頂きたく、このギムレットがおすすめいたしまする。
少々詳しい解説を次回以降の当ブログにて執筆させて頂きたく思いまする。

丹下左膳-豊川悦司DVD


上記の画像は、「特別版【初回限定生産2枚組】』DVDでござりまする。


posted by ギムレット at 09:29 | 丹下左膳 百万両の壺

2016年09月18日

必殺仕事人2016が放送されまする。

おこんばんわでございまする。

いよいよ9月25日に「必殺仕事人2016」が
放送されまする。

渡辺小五郎(東山紀之殿)をはじめ
花御殿のお菊(和久井映見さん)、経師屋の涼次(松岡昌宏殿)から
増村倫太郎(生瀬勝久殿)まで、いつもの顔ぶれが
今年も大活躍いたしまするぞぉ。
やはり必殺は時代劇に欠かせぬシリーズでございまする。
是非とも、ご覧頂きたくこのギムレットがおすすめいたしまする。

必殺仕事人渡辺小五郎(東山紀之)イラスト.gif


上記イラストは必殺仕事人 渡辺小五郎(東山紀之殿)のイラストでございまする。

posted by ギムレット at 10:59 | 必殺仕事人

2016年09月11日

続巷説百物語ー飛閻魔を観賞でございまする

おこんばんわでございまする。
わたくしギムレット、このたびhuluにて配信されました
「続巷説百物語ー飛閻魔」を観賞いたしましてございます。

京極夏彦先生の原作によりまする直木賞受賞作を
「トリック」などで有名な堤幸彦監督がドラマ化した
時代劇ミステリーでございまする。

舞台は江戸幕末の天保の頃。
夜毎火にまつわる事件が起き下手人探しに
奉行所がやっきとなりまするが、やがて吉原で評判であった
白菊≠ニいう女の仕業では? と噂がたちまする。
実は白菊は由緒正しき家柄のむすめであったのでござりまするが、
数奇な運命にて色街に身を落としてしまった経緯がござりまする。
しかし白菊の所在がようとしてしれませなんだ。
その白菊の行く先々で火事騒ぎが起きますることから、
白菊は妖怪・飛閻魔(ひのえんま)ではないのかとも・・・。

テレビアニメ化などもなされておられまするが、
わたくしギムレットが拝見いたしましたのは
WOWOWオリジナルのドラマ版でございまする。
主演・又市に渡部篤郎殿、それを取り巻く芸達者は
小池栄子さん・吹越満殿・大杉漣殿・遠藤憲一殿に加え
もう一方の主役・白菊に小島聖さんでございまする。

軽快にお話が進みながらも複雑に絡むミステリー、
全編に濃密に漂う堤幸彦ワールドがご堪能いただける
作品となっておりまする。

posted by ギムレット at 07:24 | 巷説百物語

2016年09月04日

時代劇処〜新選組鑑賞を改めまして

おこんばんわでございまする。
わたくしギムレットがお送りしておりまする
当ブログでございまするが、
このたび名称を変更させていただきまする。
今後は「ギムレットのよろず時代劇処」と題して
いろいろな時代劇のお話や、風景などなど
お届けしてまいりまする。
ぜひとも、お引き立て、ご贔屓のほど
よろしくお願いいたしまする。


posted by ギムレット at 19:20 | 日記

2016年08月29日

陽炎の辻、第2シリーズが放映でございまする。

おこんばんわでございまする。
わたくしギムレットはまだまだ、
剣客商売のスペシャル版を楽しませていただいておりまする。

それに加えて山本耕史殿主演の「陽炎の辻」も
いよいよ第2シリーズが時代劇専門チャンネルにて放映されまする。
いままでのレギュラー出演の皆々様に加えまして
竹村武左衛門(宇梶剛士殿)ご一家も金兵衛長屋に住まわれて
ますます賑やかに、
そして前シリーズより続く関前藩立て直しに奔走する
坂崎磐音(山本耕史殿)やお父上である坂崎坂崎正睦(平泉成殿)、
おこん(中越典子さん)を始めとする今津屋の皆さまも
当然ながらそのままのご出演でなお一層小気味好く
お話が展開されましてございまする。

時代劇専門チャネル公式サイトhttp://www.jidaigeki.com

このシリーズより毎回の放送が30分とコンパクトになり
より一層お楽しみいただきやすくなっておりまする。
是非とも、ご覧頂きたく
わたくしギムレットがお勧めいたしまする。


posted by ギムレット at 20:01 | 陽炎の辻

2016年08月15日

剣客商売「陽炎の男」堪能いたしましてございまする。

剣客商売ロケ地写真〜大覚寺

おこんばんわでございまする。
引き続き拝見させていただきましてございまする、剣客商売。
今回は原作で言うところの「陽炎の男」と「嘘の皮」のお話で
ございました。

三冬殿(杏さん)の夢の中に現れる男、しかしお顔は見えませなんだ。
はっと目が覚め喉の渇きを覚えたので水を飲みに向かった際に
忍び寄る人の気配を感じ、剣を抜きあわせ撃退いたしまする。
なにやら、根岸の寮に秘密があるような・・・。
して、その頃小兵衛殿(北大路欣也先生)はかつての道場の恩人、村松左馬之介殿と
その子息である伊織殿に起きた問題を解決するために
奔走されておられまする。

これらのお話にしっかりと大治郎殿(斎藤工殿)、おはる殿(貫地谷しほりさん)に宗哲殿(古谷一行殿)・
弥七殿(山田純大殿)も絡めて絶妙に進んで参りまする。
前回の「鬼熊酒屋」に続き、こちらもあっという間に
時間が過ぎてまいりまする。

さてさて、毎年この時期に新作が放映されておりましたが
今年も新作は作られておるのでございましょうか?
是非とも拝見したく、このギムレット楽しみにまっておりまする。
フジテレビ殿、
はよぉ〜〜〜なぁ〜〜〜

上記掲載の写真は、剣客商売のロケ地としても有名な京都の大覚寺でございまする。


posted by ギムレット at 21:53 | 剣客商売

2016年08月13日

剣客商売「鬼熊酒屋」拝見いたしましてございます。

おこんばんわでございまする。
わたくしギムレット、時代劇専門チャンネルにて
北大路欣也殿主演「剣客商売 鬼熊酒屋」を遅ればせながらも
拝見いたし、感激至極にございまする。

原作において、別々に描かれておりまする
「鬼熊酒屋」と「三冬の縁談」をどう繋げて参るのか。
いやはや、繋げるというより一つのお話として
お見事にまとめられておられまする。
ほんにあっという間の90分でございまする。
鬼熊役の石橋蓮司殿の迫力や
おはる殿(貫地谷しほり殿)のほんわかとした
雰囲気などなど、すっかり馴染んでまいりましてござりまする。
おや、八代様・・・あ、今回は違いましたでございます、
平岳大殿もご出演で、時代劇でご活躍の皆様が勢ぞろいでございまする。

第四話と申しましょうか、続く「陽炎の男」もございます。
非常に楽しみでございまする。
また、感想はこちらにて述べさせていただきとうございまする。


posted by ギムレット at 22:50 | 剣客商売